横浜市神奈川区で歯周病の治療と予防に力を入れているあるが歯科クリニック
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 2次う蝕

タグ : 2次う蝕

再治療の原因

2次う蝕(詰め物周囲の新しいむし歯)

詰め物が外れても土台の歯が健康であれば、再治療は容易です。逆に土台の歯が新しいむし歯になっていたり歯周病が進行してしまった場合は、再治療が困難になり、最悪抜歯せざるを得ない場合もあります。

大きく被せられている歯は神経を抜いてあることが多く、新しいむし歯になってもしみるなどの症状はありません。知らないうちにむし歯がひどくなっており、脱落した時には再治療が非常に困難になってしまうことも多いです。

一度治療した歯はお手入れが難しい

削って被せたからといって、土台には自分の歯が使われているので、お手入れしなければむし歯や歯周病は発症進行します。毎日歯磨きをしているとは言っても、健全な歯でも完璧に磨くことは難しいのですから、治療した歯を十分磨くことはもっと難しいのです。

金属やプラスチックと歯の境目は細菌にとっては大きな隙間であり、ここに細菌が定着すると容易には磨けません。そのため、治療する前よりもっと悪くなる危険性は高くなるのです。

PAGETOP