横浜市神奈川区で歯周病の治療と予防に力を入れているあるが歯科クリニック
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 歯周病

タグ : 歯周病

痛くない歯の治療?

歯の治療は痛いから嫌い!

もっともです。

でも、痛くない歯の治療もあるのです。

それは特殊な器械を使う治療?

たとえばレーザーやカリソルブやヒールオゾンなんていうのがあります。
そういう最新の機械を使うのもいいですけど、その多くは保険が適応されません。つまりお金がかかります。

mirror001

あんまりお金をかけないようにすることはできる?

できます。

むし歯も歯周病も初期のうちに治療すれば痛くないし、あんまりお金はかかりませんのです。

むし歯は感染歯質(むし歯菌のいるところ)のみを選択的に削れば痛みはありません。歯周病は、初期のうちなら手術や歯がしみるほど歯石をとる必要もありません。

しかし、病気が進行してしまうと麻酔なしでの治療は難しくなります。特にむし歯が進行して歯の神経が感染してしまうと、麻酔も効きにくくなります。さらに病気が進行すれば、抜歯せざるを得なくなります。

つまり、痛みなどの自覚症状がでる前に病気を見つけて、早期に治療すれば痛みのない治療が可能になるのです。

では症状のない病気をどうやって見つけるの?

それは定期検診です。

幸いなことに、むし歯や歯周病はそれほど進行の早い病気ではありません。むし歯はそのほとんどが数カ月単位、歯周病はそのほとんどが年単位で進行します。ですから、1年に2~3回の検診を受けていただければ、ほとんどの初期の病気の発見と早期治療が可能になります。
痛い治療を避けたいのならば、痛くなる前に定期検診を受け、悪い所は早いうちに治すことです。

初期治療の落とし穴

しかし、病気の早期発見と初期治療ですべてが解決するわけではありません。特にむし歯の治療では、初期治療であっても歯を削り、人工の代替物(プラスチックや金属)に置き換えることはかわりません。

そこでもし、初期治療を何回も受けることになったとしたら?

そのたびに人工の代替物が大きくなっていきます。そしてどんなに優れた物質(セラミックや貴金属)を使っても、人工の部分は、天然の歯に比べれば病気になりやすいのです。何回も治療を受ければ、人工物は大きくなり、その結果病気になる可能性は治療のたびに高くなっていくのです。

ではどうすれば?

やはり、病気は治療するよりも病気にならないようにすることが大切です。いくら初期の胃がんはそのほとんどが治療可能であるといわれても、やはり胃がんにならないほうがいいに決まっています。

幸いむし歯や歯周病はその原因や悪くなる過程が科学的にかなり解明されてきていますので、科学的な根拠に沿った予防処置が可能です。つまり、むし歯や歯周病は防ぐことができる病気なのです。

私たちの医院では、病気を治すことと同時に予防することも重視しています。

でも、むし歯で穴があいた歯や、歯周病でぐらぐらしてきた歯はどんなに頑張っても予防だけでは治せません。ぜひ、症状が出る前に受診してください。

痛くない歯科治療を受けるコツは、
痛くなる前の受診と予防です。

 

でも治療中に痛くなったら?

ひどいむし歯の治療の時など多少は我慢いただくことがあるかもしれません。ですからせめて、「何かあればいつでも治療を止められる」よう私たちは気をつけています。

激しく痛む
唾液や水がたまって苦しい
口をあいているのがつらい

などのときは、遠慮なく手を挙げて合図してください。
すぐに、治療を止めます。

歯磨きも検診もダメならばどうすればいいのでしょうか?

もう少し積極的に考えてみたらどうでしょう?

病気が進行してしまったらもう完全には治癒しないのが、むし歯や歯周病の特徴ならば、病気を進行させなければいいのです。さらに病気にならないようにすればいいのです。

「むし歯や歯周病にならないようにする つまりなる前に予防する」

現在では、むし歯や歯周病の原因についてかなり解明されてきています。また、感受性(病気のなりやすさ)には個人差があり、ある程度はその感受性の強弱を検査することができるようになっています。

つまり予防のための科学的な方法が、だんだんとわかってきているのです。むし歯や歯周病の発症自体をコントロールすることができるようになってきているのです。

私たちのクリニックは、従来の治療のみではなく、予防に重点を置いた医療を目指しています。
私たちのクリニックは、今歯が痛くて困っている方だけではなく、もう痛くなりたくない方にこそ受診していただきたいと思っています。

歯周病が薬で治る!?

歯周病治療といえば、昔から歯磨き指導と歯石を除去することがどこの歯科医院でもされている基本的な治療です。

しかしこの基本的治療をしても、一生懸命歯磨きしても、なかなか歯肉の炎症が取れず、歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。

ところが、薬で歯周病を治す方法がみつかったのです。
原因である菌を特定し、薬でその菌を退治する事によって歯周病を治す治療法、この治療法が「歯周内科治療」 です。

位相差顕微鏡による歯周病菌検査

この治療の特徴は、まず顕微鏡でお口の中の菌を検査するところから始まります。
顕微鏡で検査することで現在の菌の状態を確認することができ、歯周病になりやすいかどうか、今はどういう状態なのか、これからどういう状態なのか、これからどういう状態になっていくのかがわかってきます。

さらに映し出された動画像を拡大表示する機能を用いる事で、治療効果のよりわかりやすい説明を聞く事が可能です。

PAGETOP