横浜市神奈川区で歯周病の治療と予防に力を入れているあるが歯科クリニック
ブログ
  • HOME »
  • 歯の再治療を避けるために

歯の再治療を避けるために

治療した歯の寿命

治療した歯の寿命はどのくらい?

再治療が必要になった修復物(むし歯の詰め物、被せ物)の、再治療に至った原因と使用年数を調べた調査によると、

使用年数

 レジン(白いプラスチックの詰め物)  5.2年
 インレー(部分的な金属の詰め物)  5.4年
 鋳造冠(金属のかぶせ物)  7.1年
 セラミック冠(白いかぶせ物)  8.0年
 ブリッジ(金属の連続したかぶせ物)  8.0年

再治療の原因

 詰め物周囲の新しいむし歯  33%
 脱落  17%
 歯の根の再感染  13%
 破折  6%

歯科修復物の使用年数に関する疫学的研究 口腔衛生学会雑誌 46 788~796 1995

治療された歯ができるだけ長持ちすることはどなたでも望まれていると思います。しかし現実には、平均5~8年で再治療となってしまうことが多いようです。

私たち歯科医師は、できるだけ再治療が必要にならないよう努力していますが、お口の中という過酷な環境(多量の細菌の存在、1歯あたり何十キロもの咬む力、不十分な歯磨き など)のもとでは、将来再治療が必要になることを想定した治療をせざるを得ない場合が多いのも事実です。

再治療の原因

2次う蝕(詰め物周囲の新しいむし歯)

詰め物が外れても土台の歯が健康であれば、再治療は容易です。逆に土台の歯が新しいむし歯になっていたり歯周病が進行してしまった場合は、再治療が困難になり、最悪抜歯せざるを得ない場合もあります。

大きく被せられている歯は神経を抜いてあることが多く、新しいむし歯になってもしみるなどの症状はありません。知らないうちにむし歯がひどくなっており、脱落した時には再治療が非常に困難になってしまうことも多いです。

一度治療した歯はお手入れが難しい

削って被せたからといって、土台には自分の歯が使われているので、お手入れしなければむし歯や歯周病は発症進行します。毎日歯磨きをしているとは言っても、健全な歯でも完璧に磨くことは難しいのですから、治療した歯を十分磨くことはもっと難しいのです。

金属やプラスチックと歯の境目は細菌にとっては大きな隙間であり、ここに細菌が定着すると容易には磨けません。そのため、治療する前よりもっと悪くなる危険性は高くなるのです。

再治療で歯を失わないために

再治療が避けられないとするならば、再治療の際できるだけ簡単に再治療ができるような状態を保つことが重要です。つまり、治療をする前より一層むし歯や歯周病の予防に心がけなければいけません。

 むし歯や歯周病の予防を!

そのために必要なのは、

一定期間ごとの定期検診

前述のように大きく治療した歯ほどむし歯の症状はでにくくなるので、定期的に歯科医院でチェックしてもらい、初期のうちに進行を抑制することが重要です。
ただし、予防に力を入れている歯科医院でないと、進行を抑制する前に削られてしまうことが多いので、逆効果になる場合があることを考慮してください。
歯周病は進行してしまうと治すことが難しいのですが、進行のスピード自体は遅いので悪化する前に定期的にチェックしていればそれほど恐れる必要はありません。

日々の十分なお手入れと専門家によるクリーニング

歯を磨くことは重要ですが、どんなに一生懸命磨いてもすべての歯垢を除去することは不可能です。しかし完璧ではなくてもある程度磨いていれば、たとえ歯垢が残ってもすぐに病気になるわけではありません。そこで、毎日歯を磨きながら、3~6カ月に1回くらいは歯科医院で専門家によるクリーニングを受けることで、病気の危険度を下げることができます。

つまり、定期的に検診とクリーニングを受けること つまり定期的にメンテナンスを受けることが、再治療を避けたり、再治療になってしまった場合でもできるだけ簡単に再治療を終わらせるために必要だと考えられます。

差し歯のむし歯について

PAGETOP