歯科における2大疾患と言えば、「むし歯」と「歯周病」です。これは現在では、感染症(細菌が原因の病気)であるという結論になっています。

いわゆる全身的な疾患のうち、感染症に対してはまず投薬(抗生剤/化膿止め)が行われます。軽い感染症であれば医師の指示に従ってきちんと薬を内服すれば、ほとんどの場合治ってしまいます。

現在の歯周病治療は外科的な処置が主流です。しかし、それは歯科医師が特殊な技術を持ち、患者さんも歯磨きがうまくできるという厳しい条件下でないと、良い結果が生まれないのです。
では同じ感染症である歯周病も、外科処置ではなく薬で治らないのでしょうか?