従来の定期検診は、むし歯を小さいうちに見つけて早く治療するために行われていますが、結局削ってはつめる治療が繰り返されることになります。

そして、そのような個所はまたむし歯になりやすくなりますし、再治療の場合は以前の人工物を全部除去することが多いので、結局前よりも削られる量が多くなってしますのです。

最初は小さい詰めもので治療されます。でも暫くすると、その詰めものが外れたり、詰めもののまわりに新しいむし歯が出来てしまい、そのやり直しが繰り替えされ、そして何度目かの治療で神経を失い、大きな被せものになり、その歯が抜かなくてはならない状態となり、さらに大きな治療が必要になるという悪い循環に入っていくのです。

今入れ歯を入れている方も、決して歯科医院に行かなかったから入れ歯になったのではないはずです。痛い時には歯科医院に行っていたにもかかわらず、最後は入れ歯になってしまった方がほとんどだと思います。