原因に対処する歯科治療

むし歯の治療では、削って詰めることが治癒とされています。しかしこれは悪いところを取り去って人工物に置き換えただけです。そのような個所はまたむし歯になりやすくなりますし、再治療の場合は以前の人工物を全部除去することが多いので、結局前よりも削られる量が多くなってしますのです。

歯周病も同じように、進行してしまった場合(歯を支える骨がなくなってしまった場合)、歯を支える骨を元の状態に戻すのは特別な条件が揃った場合以外は不可能なのです。

今までの歯科治療は、病気の原因に対するアプローチではなく、結果として起こってしまったむし歯や歯周病の後始末を行い、病気の進行を止めるあるいは遅らせることで、治癒としていました。つまり原因には対処せず、あくまで処置を行っていたにすぎないのです。

もう一度言います

「むし歯や歯周病は、一度病気になってしまうと、ごく初期の状態以外は元の健康な状態に戻すことができません。人工物に置き換えるか、ただその進行を止めることができるだけです。」

refreshing004