もう少し積極的に考えてみたらどうでしょう?

病気が進行してしまったらもう完全には治癒しないのが、むし歯や歯周病の特徴ならば、病気を進行させなければいいのです。さらに病気にならないようにすればいいのです。

「むし歯や歯周病にならないようにする つまりなる前に予防する」

現在では、むし歯や歯周病の原因についてかなり解明されてきています。また、感受性(病気のなりやすさ)には個人差があり、ある程度はその感受性の強弱を検査することができるようになっています。

つまり予防のための科学的な方法が、だんだんとわかってきているのです。むし歯や歯周病の発症自体をコントロールすることができるようになってきているのです。

私たちのクリニックは、従来の治療のみではなく、予防に重点を置いた医療を目指しています。
私たちのクリニックは、今歯が痛くて困っている方だけではなく、もう痛くなりたくない方にこそ受診していただきたいと思っています。