歯を削るということは、どういうことでしょう。

歯は臓器ですから、それを削るということは「手術」のひとつと考えられます。
「手術による治療」つまり「外科的な治療」は大きく次の2つに分類できます。

その1 悪いところを取り去る治療

たとえば、がんの手術ではがん組織以外に周囲の組織を含めて取り除きます。胃がんであれば胃そのものも取り除くことがあります。胃を取ってしまうと胃は再生はしてきませんので、命は助かりますがその後の生活に程度の差はあれ支障が生じます。命と引き換えに多少の支障は我慢して生活していくことになります。また、手術をしたからといって、その後またがんになる可能性が減るわけではありません。

その2 取ったところを人工物で置き換える治療

変形性膝関節症では、悪くなった膝関節を人工関節で置き換えます。手術後良好に回復すればほぼ日常生活は可能になりますが、やはりある程度の制限は必要になります。
また、人工関節は磨り減ってしまうことがあるので、10年で5%、15年で10%程度再手術が必要になるとされています。

むし歯の治療も「悪いところを取り去り」「人工物で置き換える」という「外科的な治療」であるところは同じです。とすると、やはり同じような問題が生じると考えられます。