横浜市神奈川区で歯周病の治療と予防に力を入れているあるが歯科クリニック
ブログ
  • HOME »
  • 診療方針

診療方針

これまでの歯科医療

これまで、歯科の予防といえば、歯みがきと定期検診が主体でした。

しかし、歯磨き指導と定期検診でむし歯や歯周病は減ったのでしょうか?

予防先進国(スウェーデンなど)と比較すると、決して少ないとは言えないのです。

equipment

歯磨きについて

確かに、歯磨きは重要です。でも考えてみてください。ほとんどの方は子供のころからもう何十年も歯磨きをしています。ですから「自分のやり方」がほぼ習慣になっています。

もしそのやり方がまずかったとしても、人間にとって習慣を変えることはとても難しいのです。ですから、歯科医院で2~3回指導されたとしても、またすぐに元のやり方に戻ってしますのです。

もう一度言います

歯磨きは重要です。でもそのやり方を変えて続けるのはとても難しいのです

定期検診について

従来の定期検診は、むし歯を小さいうちに見つけて早く治療するために行われていますが、結局削ってはつめる治療が繰り返されることになります。

そして、そのような個所はまたむし歯になりやすくなりますし、再治療の場合は以前の人工物を全部除去することが多いので、結局前よりも削られる量が多くなってしますのです。

最初は小さい詰めもので治療されます。でも暫くすると、その詰めものが外れたり、詰めもののまわりに新しいむし歯が出来てしまい、そのやり直しが繰り替えされ、そして何度目かの治療で神経を失い、大きな被せものになり、その歯が抜かなくてはならない状態となり、さらに大きな治療が必要になるという悪い循環に入っていくのです。

今入れ歯を入れている方も、決して歯科医院に行かなかったから入れ歯になったのではないはずです。痛い時には歯科医院に行っていたにもかかわらず、最後は入れ歯になってしまった方がほとんどだと思います。

歯科医療における治癒とは?

原因に対処する歯科治療

むし歯の治療では、削って詰めることが治癒とされています。しかしこれは悪いところを取り去って人工物に置き換えただけです。そのような個所はまたむし歯になりやすくなりますし、再治療の場合は以前の人工物を全部除去することが多いので、結局前よりも削られる量が多くなってしますのです。

歯周病も同じように、進行してしまった場合(歯を支える骨がなくなってしまった場合)、歯を支える骨を元の状態に戻すのは特別な条件が揃った場合以外は不可能なのです。

今までの歯科治療は、病気の原因に対するアプローチではなく、結果として起こってしまったむし歯や歯周病の後始末を行い、病気の進行を止めるあるいは遅らせることで、治癒としていました。つまり原因には対処せず、あくまで処置を行っていたにすぎないのです。

もう一度言います

「むし歯や歯周病は、一度病気になってしまうと、ごく初期の状態以外は元の健康な状態に戻すことができません。人工物に置き換えるか、ただその進行を止めることができるだけです。」

refreshing004

歯磨きも検診もダメならばどうすればいいのでしょうか?

もう少し積極的に考えてみたらどうでしょう?

病気が進行してしまったらもう完全には治癒しないのが、むし歯や歯周病の特徴ならば、病気を進行させなければいいのです。さらに病気にならないようにすればいいのです。

「むし歯や歯周病にならないようにする つまりなる前に予防する」

現在では、むし歯や歯周病の原因についてかなり解明されてきています。また、感受性(病気のなりやすさ)には個人差があり、ある程度はその感受性の強弱を検査することができるようになっています。

つまり予防のための科学的な方法が、だんだんとわかってきているのです。むし歯や歯周病の発症自体をコントロールすることができるようになってきているのです。

私たちのクリニックは、従来の治療のみではなく、予防に重点を置いた医療を目指しています。
私たちのクリニックは、今歯が痛くて困っている方だけではなく、もう痛くなりたくない方にこそ受診していただきたいと思っています。

私たちの治療の進め方

あるが歯科クリニックの治療の進め方について

1.まず、現在の不快症状を和らげます。

まず現在の不快症状についてお話ください。私たちはお話を伺った上で、必要最低限の検査を行い、できるだけ早く不快症状が軽快するように初期治療を行います。

2.そして、今後不快症状を起こさないようにするにはどうしたらよいかを考えます。

とりあえず不快症状が軽快したら、今後このような不快症状を起こさないようにするためにはなにが必要かを考えます。そのためにまず、あなたのお口全体の状態を詳しく知る必要があります。状態がわからなければ、適切な助言や治療ができないからです。

お口の状態を知るために、

  • 歯(むし歯)の検査
  • 歯ぐき(歯周病)の検査
  • レントゲン検査
  • むし歯や歯周病の原因菌の検査 を行います。

3.さらに、より快適な状態が得られるような治療計画を考えます。

検査の結果を基に、現在のお口の状態についてご説明いたします。

例えば、

  • むし歯はあるのか?歯周病なのか?
  • 治療が必要なのか?
  • 治療が必要な場合、どのような治療を行うべきなのか?

等についてお話いたします。

治療が必要な場合は、ご説明した治療方針にご同意いただけたならば、治療にはいります。また治療に対するご希望にそって、治療方針の変更も可能です。

4.最後に、治療終了後も不快症状を起こさないため の「病気の予防」についご説明いたします。

現在では、むし歯や歯周病の原因と予防法がわかってきました。科学的に診査、診断し、総合的な判断に基づいた「あなただけの治療・予防プログラム」に沿って実践すれば、生涯を通して自分の歯を守ることは可能です。

治療のゴールについて

治療のゴールは一つではありません。

  • 完璧に治したい方
  • 今より悪くならないようにしたい方
  • とりあえず、痛みがなくなればいい方

あなたの考えるゴールをお話ください。病気の診断・治療に関しては、専門家である私たちにある程度お任せいただきますが、治療のゴールを決めるのは、あなた自身です。

あなたの歯に対する価値観に従って、ゴールを設定してください。そのゴールを目指して、がんばるあなたを私たちはサポートしていきます。

PAGETOP